カウントダウン
新年へのカウントダウンを郷里で迎えています。

今年最後に見た月です
満月ではなさそうですが、丸くて大きい。
そして満天の星でした。



毎度帰省の前になると、
チケットを手配したり、お土産を用意したり、
長期留守にするための備えや、
家族分の荷物を詰めたり、
時間があっという間に過ぎてしまいます。
そんな大変さも、
実は帰省の楽しみの一つかもしれません

日頃は時間に追われがちですが、
日常を忘れてのんびり過ごしています。
気持ちを新たに新年を迎えられそうです。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます

GOUHARA







- 21:39 -
はてな?
20121207110511.jpg

さて、これはなんでしょう
 
‥実はピアノの鍵盤なのでしたemojiD_02_034.gif
よく見ると左と右の切り口が全く同じのもあれば違っていたりします。
何の音の鍵盤なのかはその切り口で分かるそうです。
 
正解は右からソ、ラ、レです(*^_^*)
よぉく鍵盤を見ると分かります!!
毎日見てるのに気づかない(私だけ?)なんて
面白いですねemojiF_04_161.gif 

USHIRODA



 
 
- 13:25 -
今年も
12月1日。
いよいよ師走になりました。
今年も色々あったけど、何とか無事に終われそうかな
 
お教室でもクリスマスツリーを飾り
生徒さん達にもささやかなプレゼントを用意しました(^.^)


 
みんなの笑顔を思い浮かべながら、
夜までイベント準備をしました
 
さぁ
カウントダウンが始まるよ
 
M.Miyazato  
- 21:54 -
Lucky Person
 ドイツやオーストリアでは、煙突掃除夫に会うと
幸運が舞い込むと信じられているそうです

中世の頃はかまどのある家が普通で、
煙突が詰まってしまうとガス中毒になるというので、
家庭の平和のために煙突掃除人は欠かせない存在なので、
幸せを運ぶ人なのです

煤(すす)払いは、日本でも至る所で行われていますが、
浄化することで、魔除け、厄除けを祈願したりしますから、
きっとドイツと同じ意味合いですね

うちにも煙突掃除人が2名います。



左側のシルクハットに黒服が煙突掃除の正装です。
元はクリスマスのオーナメントなのですが、
幸運は舞い込まなくても、
せめて無病息災で平穏な日々を過ごせたら、
と思い一年中玄関に置いています。

先月、家族の健康面で不安なことが多々起こり、
長引くことを心配していましたが、早々に解消しました。

2人が我が家の煤を払ってくれたのかもしれません

GOUHARA

- 11:40 -
金魚すくい
 
先週の日曜日、とある大学の学園祭で“金魚すくい”を
やっており、あと先も考えずつい挑戦してしまいました!
 
ポイ(紙でできたしゃもじのようなもの)を2本?2枚?を費し、赤い和金三匹と黒デメ金一匹の計四匹をゲット

水槽も水草も餌もまだなんにも揃っていませんが、
元気に泳いでいる金魚たちを見てひと安心!
餌のやりすぎに注意して(餌はやりすぎが一番いけないそう!)みんな元気に育ってほしいものです
 
image02.jpg

JOKO USHIRODA 
 
 
 
    
 
 
- 19:18 -
いよいよ冬
今年の夏は暑くて、かなりバテてしまいましたが、
日本の四季はちゃんと「冬」をつれてくるのですね〜

レッスン時もエアコンの冷房運転から、
いつの間にか暖房に切り替えています

これからの時期は生徒さんのお風邪も増えて、
またインフルエンザも流行るのでしょうか
今年は新型に要注意です

教室でも、早めに加湿器やウィルス除菌スプレー、
マスクなどを用意したいと思います。
今年も残す所あと2ヶ月弱。
頑張って行きましょう!

MIYAZATO
- 11:09 comments(0)
もう秋近し

所用で車で出掛けた帰り道の中原街道の交差点。
信号待ちで、ふと見上げた夕方の空。

image00.jpg

一面のいわし雲(というのかな?)
空がとても高く感じられました。

毎日暑くてバテるけど
「秋」はもうそこまで来ているのかも・・・・。

毎年この時期、ゆく夏に淋しさをおぼえながら
立ち止まる度に空を見上げてしまいます。。。

MIYAZATO


- 21:21 comments(0)
戸越銀座の人気者
 戸越銀次郎くんが教室にいらっしゃいました
ちょっとキーボードが弾きたくなったのだそうです。

大きな手に、小さな鍵盤は大変なのでは
と思いきや、

なかなかの腕前でした




どうやら彼のレパートリーは、
「ネコふんじゃった」と
「おもちゃのチャチャチャ」のようです

ピアノもお上手


この日のために、たくさん練習したそうです
銀次郎くんを見習わなくちゃ

名刺も頂きました



GOUHARA
- 20:14 comments(1)
土用の丑の日
 
しかし暑い! とにかく暑い!!

「夏は暑いに決まってるじゃない」
「暑いと思うから暑いのよ」

母親は涼しげな顔で私に言う。
そんな事言われても、暑いものは暑い。

「歳を取って代謝が落ちると暑くなくなるのね!」と
涼しげな母親に心の中で皮肉をつぶやいたりして・・・(笑)

今日は「土用の丑」の日。
今年の夏は1回なのですね〜。
鰻を食べなきゃ!!!(^◇^)
この先「ウナギ」もどうなって行くか分からない状況だしね。

でも、なんで「土用」に「うなぎ」を食べるわけ???

というわけで、ちょっくら調べてみました。

幕末時代、商売がうまく行かない鰻屋が、夏に売れない鰻を何とか売るため源内という人の所に相談に行った。源内は、「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という民間伝承からヒントを得て、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。すると、物知りとして有名な源内の言うことならということで、その鰻屋は大変繁盛したので、恒例になったそうな。

別の説としては、 

土用に大量の蒲焼の注文を受けた鰻屋が、子の日、丑の日、寅の日の3日間で作って土甕に入れて保存しておいたところ、丑の日に作った物だけが悪くなっていなかったから、その日に鰻を食べようという説。

実際どう受け継がれてきたかは不明だけど、ビタミンの多いウナギは暑いこの時期に夏バテ予防に最適という事なのでしょう!

発表会も終わって、一段落!
2012年、後半も頑張っていきます!

MIYAZATO


 

- 15:09 comments(0)
お疲れさまでした
 発表会にご出演された皆様、お疲れさまでした。

ホールでの演奏は、
普段のレッスンとは違った緊張感があったかと思います。
いつも以上に弾けた方、いつもと全く違ってしまった方、
いかなる経験も次へのステップとして必ず糧となることでしょう。

さて、ステージを爽やかに彩ってくれたグリーン達ですが、
乾燥に弱いため、
照明の熱さに耐えるよう水分補給が欠かせなかったのですが、
生徒さんのおうちでの様子はいかがでしょうか?

シダ植物の仲間で、アジアンタムといいます。
半日陰の多湿な場所を好むそうです。
乾燥すると葉がちりちりになります。
そうなると元には戻らないので、
水遣りはたっぷり、時々葉に霧を吹いてやると良いですが、
不幸にもちりちりになった場合に、救済策があるか調べてみました。

葉を丸ごと刈り込んで3センチくらいの茎だけにして、
水をたっぷり与えて土が乾燥しないように保つと、
新芽が出てくるそうです。
私が持ち帰ったのは、ちりちりになってはいませんが、
根元から小さな蕨やゼンマイのような新芽が出ています。

定着した場所から環境が変わると、枯れやすいものらしいですが、
一度再生した葉っぱは、今度はその環境に合わせて生えてくるので、
枯れる前より丈夫になることがあるそうです。
枯れちゃったかも?と思われた方は、
あきらめる前に、もう一度だけトライしてみて下さい。

ちなみに窓のあるお風呂場は最適な栽培場所らしいです。

GOUHARA
- 15:32 comments(0)
<< 3/16 >>
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

NewEntry
Profile
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
Favorite
Other