絵に描いたような虹
日吉教室に向かう途中で見た大きな虹です虹
これほど大きく弧を描く虹を見たのは初めてです。


まさに「絵に描いたような虹」でした。
色の順番は外側が赤、内側が紫です。
この順番は光の屈折の関係で決まっているそうです。
そういえば、虹の絵を描く時に、この順番を意識したことがなかったような・・・。
虹  ← やはりこういう色順のイラストも存在します汗

波長の長い赤が地面から遠くに、短い紫が地面の近くに見えるのだとか。
虹は、太陽光が雨粒に当たって地面に反射して届くから、
雨上がりに良く見られるようです。

以前テレビで、夕焼けの仕組みについて解説していました夕焼け
太陽の光はさまざまな色を発していて、目に見える可視光が赤〜紫の七色の範囲で
太陽が高い位置にある時は、空を見ている人と太陽の距離が短いので、
波長の短い紫系の色が見えるので空は青く見え、
日が沈む頃は、太陽と少し離れるので波長の長い赤系が見えるから
夕焼けはオレンジ色や赤だったりします。
その他に難しい理由もありましたが、
簡単にいうとこのようなことなのだそうです。

太陽の位置といえば、暑さ寒さのことばかり考えがちですが、
虹や夕焼けのように美しい現象があることも忘れてはいけませんね空

GOUHARA



 
- 22:38 -
Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

NewEntry
Profile
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
Favorite
Other