3年前の事。
ストレスと過労から体調を崩し、ある器官がダメージを受けました
2回の入院を余儀なくされ「ステロイド治療」をしました。

「西洋医学」では目に見える病気、例えば怪我をしたら縫うとか
骨折をしたら固定するとか、腫瘍が見つかったら摘出するとか・・・
その類は得意分野なのだと思いますが
目に見えない「全身疲労」や「肩凝り」「腰痛」などは
ビタミン剤やシップ・鎮痛剤が処方されて「様子を見てください」的な事が多いですよね。

私の場合もそうで、退院と同時に
「カランカランおめでとうございます大量のお薬が当たりました
を連想させるべく、お土産にビタミン剤・血行促進剤などを処方されました

その時に東洋医学も併用してみようか・・・と思い「鍼」を受けてみる事にしました。

ご縁があり、フィギャースケートの浅田真央ちゃんをケアしている先生を
存じ上げていたのでお願いをして、施術して頂きました。

本当は今まで、体に「針(鍼)」を刺すなんてあり得ないと思っていて
人生初体験!

だって、縫物をしていて指に針を刺してしまった痛さったらないし・・・。
そういえば昔、体中に針が刺さった主人公が出てくるホラー映画があった、などど思い
先生にお電話をするには気合いが必要だったのだけど
「痛くないですかねぇ〜?」とビビっている私に
「痛くないようにしますよ」と太鼓判(?)を押してくださったのでいざ出陣!

お約束通り全然痛みはなく、毎回安心して受けていました。
唯一「ち、ちょっと待って〜〜〜!」と大騒ぎをして笑われたのが
「今日は頭部に打ちますよ〜」と先生がにこやかにおっしゃった時。
頭???怖いんですけど

大笑いした先生のご説明で納得。
頭部は頭がい骨があって、それ以上「鍼」は入っていかないので
一番安全なのだそう。
そう言われてみれば、なるほど。
包丁で刺される訳じゃあるまいしね。

そんな日々が続き体調も良くなり、慢性的な肩凝りもスッキリ。
ちょうど先生がしばらく海外に行かれるタイミングで
なるべく近い鍼灸院を探しました。
その先生は多摩にいらっしゃったので、時間的にも難しく

今は定期的に都立大学にある鍼灸院に行っています。
とても良い先生で、私にとっての「駆け込み寺」
肩が凝った〜・頭痛がする〜・腰が痛い〜・めまいが〜等など。
症状に合わせて鍼を打ってくださいますが、本当によくなります

実家は代々医者でしたが、祖父も父も他界してしまった今
私の主治医は鍼の先生。
気さくで優しい先生で、お話も楽しく、体の事も色々教えてくださいます。

これからの寒い時期。
冷えから血行不良で肩凝りが悩みの種です
生徒さんにもそのような方がいらっしゃいましたら
「鍼」、お試しください


さて、今日も一日頑張ります

MIYAZATO

品川区 ピアノ教室 ワイムスタジオ


- 10:19 -
Calendar
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

NewEntry
Profile
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
Favorite
Other