美味しさの秘密
 とても美味しいと思っていて慣れ親しんだ味ということもあって、
自宅で使っているお醤油は郷里にある製造所のものを常用しています。

いつも何気なくあるものだから、
じっくりパッケージを眺めたことがなかったのですが、
驚きの発見をしてしまいました

パッケージは紙パックで、
「備前焼大甕調熟」と何だか和な感じで製法が書かれています。
それなのに下部には、音符の絵があります。
実はそこに意味があったのでした

↓文字を良く読んでみると、
備前焼きの大甕の中で「美しい音楽を聴かせながら」じっくりと味を調えたと書いてます。


音楽を聴かせながら!?

すご~く気になったのでメーカーのホームページを見ました。
なんと、クラッシック音楽を流しながらの製造をしているそうなのです
そして調熟中に聴かせる音楽とは、モーツァルト。

甕を備前焼にすることで醤油の味にコクとまろやかさを出すセラミック効果に、
更なる相乗効果を狙って、美しい調べを振動に換えて伝える
「ボディソニック方式」を取り入れて、製造途中のお醤油に
音楽を聴かせている、ということのようです。

以前、モーツァルト音楽を聴いてインフルエンザが予防できるという、
音楽療法について書いたことがありましたが、この醤油製造も
似たような根拠を元にして取り入れられているのですね

このお醤油の美味しさの秘密は、モーツァルトだったのです

GOUHARA 

♪ 品川区 ピアノ教室 ワイムスタジオ ♪
- 20:24 -
Calendar
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

NewEntry
Profile
Comment
Archives
Links
Mobile
qrcode
Favorite
Other